現在お住まいのご自宅が、銀行等の住宅ローンによるお借入で建てられたものである場合、恐らくお借入先の金融機関の名義による抵当権が設定されているはずです。

抵当権とは何の事でしょうか?

お金を借りる際に、不動産を担保として設定する権利の事です。

お借入金の返済が難しくなった場合に、抵当権が設定されている土地を用いて債権者へと債務が弁済されることになります。

また、相続財産の中の不動産に抵当権がついていた場合、残っている借金の返済義務についても相続する事になります。

この返済義務は、相続人全員にあるため、抵当権のついた不動産を相続した相続人に返済能力が無い場合は、他の相続人にも返済義務が回ってきます。

しかし、お借入金の返済が完了した後であれば、法務局へ抵当権抹消登記を申請することで抵当権を消すことができ、その後に土地の売却をすることも可能になります。

法務局へ提出する書類は、借金の返済先の金融機関で発行されますので、住宅ローンの返済が完了した際には、お早めに抵当権抹消登記の申請をしていただくことが良いでしょう。

この場合、抵当権を抹消する不動産の個数ごとに、1000円の登録免許税が発生しますので、事前によく確認をする必要があります。

登記申請は法務局にて、平日にしか受け付けておりませんので、お忙しい方は、当事務所にお気軽にご連絡ください。

CONTACT

お問い合わせ

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。
事前のご予約いただければ夜間・土日の無料相談も承っております。